■  必須アミノ酸とは



必須アミノ酸とは、タンパク質を形成する20種類のアミノ酸の中で、体内で合成できない9種類のアミノ酸です。体内で合成されないので、食事によって摂取する必要があります。このうち、いずれかひとつでも欠けると、血液や筋肉、骨の合成ができなくなります。わたしたちの体は、アミノ酸によって守られていると言っても、決して過言ではありません。

それでは、必須アミノ酸のそれぞれの効能や特徴についてご説明しましょう。イソロイシンは、筋肉を強化して、成長促進、肝機能の向上にも有効とされる成分です。イソロイシンが含まれている食材は、牛肉・鶏肉・牛乳・チーズなどです。リジンは、体内の組織を修復する働きがあります。おもに魚介類やレバー・大豆・牛乳・卵に含まれています。フェニルアラニンは、鎮痛作用や抗うつ作用があります。おもに魚介類や肉類に多く含まれており、卵・大豆・チーズにも含まれています。ロイシンは、肝機能を向上する働きがあります。チーズや牛乳、レバーなどに含まれています。

メチオニンは、抗うつ作用、ヒスタミンの血中濃度を下げるなどの働きがあります。牛乳・牛肉・レバー・小麦などに多く含まれています。 スレオニンは、脂肪肝を予防するのに有効とされています。卵やゼラチンに含まれています。トリプトファンは、精神を安定させる作用があり、安眠を自然に促します。大豆・牛乳・チーズ・バナナに多量に含まれています。バリンは、成長促進作用・筋肉強化作用・肝機能を改善する働きがあります。鶏肉やチーズに含まれています。ヒスチジンは、大人は体内で合成できますが、子供は体内で合成されないという特徴があります。子供の発育に必要なアミノ酸と言われています。鶏肉・チーズなどに含まれています。


スポンサードリンク

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな効能があるの
★ 健康食品との関係
★ 筋肉量を維持する
★ 健康状態チェックしよう