■  アミノ酸でメタボ対策



2008年度より、基本健康診断が40歳以上の人に義務付けられるようになりました。この背景には、最近内臓肥満や生活習慣病などを予防することによって、病気の早期発見・早期治療だけでなく、医療費の削減などを目的として、健康診断にメタボリック・シンドロームの予防を意識して、一部内容が改正されました。

アミノ酸を積極的に摂ることによって、運動時の筋力アップ、基礎代謝量がアップして、さらに体内に蓄積された脂肪が燃焼されやすくなります。

運動をはじめると、血液中のブドウ糖が分解され始めます。そして、運動エネルギーとなり、運動を始めてから30分経過すると、脂肪を分解するリパーゼという酵素の働きにより、体脂肪が燃焼し始めます。運動と言っても、激しい運動をしなければならないということはありません。有酸素運動が効果的で、ウオーキングはとくにオススメです。性別や年齢に関係なく、ただ歩くことを続けていればいいので、ちょっと時間に余裕があればできます。また、アミノ酸の摂取とともに、ビタミンB群が含まれた食材と一緒に摂ると、さらに効果バツグンです。

ウオーキングは、1日に1時間程度行い、毎日続けるのが理想的です。空腹時や運動する前には、アミノ酸のサプリメントを摂るのもいいでしょう。それから1時間程度ウオーキングをすると、体脂肪が効率よく燃焼されます。

サプリメントを購入するときには、脂肪を燃焼する効果が高いリジン・アラニン・アルギニン・プロリンなどの成分が含まれているものを購入しましょう。


スポンサードリンク

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ どんな効能があるの
★ 健康食品との関係
★ 筋肉量を維持する
★ 健康状態チェックしよう